« 旅行 その3 | トップページ | お守り »

2012年4月18日 (水)

音楽

音楽
日曜日、市内の公園へ大阪市音楽団の演奏を聴きに行った。

相変わらずのスゴイ人。
今年の演奏は去年より長かったような…。

一部では誰もが知っているクラシックの曲。
休憩後の二部は、子供向けのアニメの曲など。
二時間たっぷり堪能した。

市音は今、橋下市長の意見で揺れている。
アタシは難しいことはわからんけど、
市音がなくなるのは絶対イヤ。

他のファンも同じ気持ちだと思うが、
今回のことで演奏する側のモチベーションが下がり
市音を辞めてしまうこと。
団員の方のお仕事は、演奏という芸術ではあるが、それが生活の糧。現実の生活。

なんで「プロの演奏家を抱える市」ということに誇りを持ってくれないのか。

市音には無料コンサートがたくさんある。
そこにはいつも本当にたくさんの人が集まる。
おじいさんもおばあさんも、小さな子供とその親、学生。

アタシら夫婦は、行けるものならしょっちゅうコンサートへは行きたい。
それは金銭的にも無理があるし、子連れという制限もある。
市音の無料コンサートはそれらを満たしてくれる。
尚且つ、プロの演奏。
吹奏楽でも、オーケストラでもプロとアマは違う。

市音には長い歴史と、たくさんのファン、そしてブラス学生の憧れと夢がある。
橋下市長はそれら全てを消し去るつもりか…。

市長はコンサートに来たことがあるのだろうか?
来たことがないなら、是非一度来ていただき、
演奏を聴き、観客を見ていただき、
その後でもう一度意見をお聞きしたい。

音楽は市長の好きな「教育」、
「生涯学習」だと思うのだけど。

« 旅行 その3 | トップページ | お守り »

つぶやき&日記」カテゴリの記事

コメント

幸せは個人の金で買えの考え方。全てを無駄に見立てて民の意を射止める手法に気がついている方は少ないようですね。三島文学ありきかも知れません。H市長という寄り国民も流されつつあるように危惧しています。音楽は幸せを得たり力の源の原点ですよね。無論、全ての芸術や大衆演劇だって力なんですよ。

okaさま
コメントありがとうございますclover
ほんとに、全てを無駄と言いきってます。
無駄ってなんでしょう?
全てを数字に置き換え、
数字でのみ必要、不要を決めているようにしか見えません。

アタシはこないだから、音楽、芸術って何だろうと考えていました。
okaさんのおっしゃる通り、「力の源」なんですよね。
あぁ、これだ!と思いました。

たくさんの人間が生活を営む中、それぞれの「力の源」を
知ったり、認めたり、そんな世の中になればな・・と思います。

橋下さん、何て言ってるの?
無料で、市民に音楽を楽しんでもらう
素敵な活動なのに、なぜ、止めねばならぬ…?
音楽は、情操教育にもいいのに
姫乃には、止める理由がみつからん
コスト削減ですか(-_-;)

姫乃さま
コメントありがとう。
市長は「市から独立しろ」と言ってます。
演奏されてる方は全員、事実上の解雇です。
経費削減ですね。確かに数字だけ見るとデカイ額。
でも全て人件費ではないし、学校への演奏、市民への演奏なども含まれています。
市長の言うようにするなら、全て有料にしないと運営は無理。
でも有料にすると演奏を聞けなくなる人もでてくるし、
全ての人の音楽を聞くチャンスが減ってしまう。
市音がなくなって困るのは演奏側よりも、
むしろ聞き手側だと思う。
興味のない分野なのか
そこんとこもう少し考えられないのか…と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1565746/44932301

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:

« 旅行 その3 | トップページ | お守り »